X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【プロレスリング・チームでら】蓮香誠がついに引退!13年間のプロレスラー生活に終止符!引退大会ではサプライズ8人タッグ!

プロレスリング・チームでら

愛知県名古屋市を舞台に、日本の真ん中から東海を熱くするプロレスリング・チームでらが、2024年3月17日に東スポーツセンターで、ファンにとって忘れられない試合を提供しました。この夜は、プロレス界の悪童として知られる蓮香誠が、30歳の若さでプロレスラーとしてのキャリアに幕を下ろした歴史的な瞬間です。蓮香誠は、16歳の頃からプロレスラーとしての夢を追い続け、名古屋の太陽、高井憲吾のもとで厳しい練習に耐え抜き、数々のエピソードを刻んできました。この特別な夜は、蓮香誠の13年間に渡るプロレスラー生活の集大成であり、彼の引退を称えるイベントとなりました。

蓮香誠の引退試合は、彼の師匠である高井憲吾とのシングルマッチ。この試合は、激しいぶつかり合いの末、高井憲吾がでらホフバスターでスリーカウントを奪い、見事勝利しました。しかし、蓮香誠の要望により、追加の8人タッグマッチが急遽決定。この試合で蓮香誠は、高井憲吾からスリーカウントを奪い、感動的な師匠越えを果たしました。試合後、会場は紙テープで埋め尽くされ、蓮香誠は胴上げされるなど、会場一体となり、蓮香誠への13年間の感謝と新たな旅立ちを祝福しました。

蓮香誠と高井憲吾の間には、強い絆と共に過ごした時間があります。高井憲吾は「彼との13年間は、感謝の気持ちでいっぱいです。引退する彼を見送るにあたって、僕らができることは彼を盛大に送り出すこと」と大会前に語っています。一方、蓮香誠は「引退するまでの試合は全力で駆け抜けていきたい。そして、何よりも感謝の気持ちを返したい」と心境を語っていました。

プロレスリング・チームでらは2009年に設立され、愛知県名古屋市を中心に活動しています。子供からお年寄りまで楽しめるのが、『チームでら』の特長です。この夜、蓮香誠は、プロレスリング・チームでら、そして日本のプロレス界にとって忘れがたい存在として、その名を刻みました。彼の最後の戦いは、多くのファンに感動を与え、新たな伝説を残しました。

この記事は、プロレスリング・チームでらの公式Twitterアカウント公式ウェブサイトに基づいて生成されました。蓮香誠選手、長い間お疲れ様でした。そして、これからの人生も、彼の新たな旅立ちも、心より応援しています。

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント