X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【JTO】グラディオが綾部蓮を下し、JTO無差別新王者に!敗れた綾部蓮はJTOからの離脱を示唆!今後の主戦場は全日本プロレスか?

JTO

2024年3月1日、東京の聖地、後楽園ホールで行われたJTOの大会は、プロレスファンにとって忘れられない一夜となりました。この大会は、プロレスの本質を追求し、真剣勝負を愛するすべてのファンへ捧げられた熱戦の連続でした。

今回の大会の目玉であったJTO無差別級選手権試合では、初代王者・綾部蓮と、イタリアからの新星・グラディオが激突しました。綾部蓮は身長200cm、体重110kgの恵まれた体格を持ち、昨年はJ1リーグ戦を制し、初代JTO無差別級王座を獲得するなど、その勢いは止まるところを知りませんでした。しかし、この日は身長184cm、体重111kgのグラディオがその壁を破り、新たな歴史を作りました。

試合は、綾部のエルボーや場外での攻防など、白熱した展開でファンを魅了しましたが、グラディオが見せたスピアーが決定打となり、見事第二代JTO無差別級王者の座を手にしました。試合後、グラディオは感極まりながらも、イタリアの家族への感謝と、JTOへの深い愛を語りました。「応援に来てくれた皆を愛しています!勝利のベルトをついに手にしました!」という彼の言葉は、会場にいたすべての人々の心に響き渡りました。

一方で、綾部蓮は2023年末をもってJTOを退団し、フリーの立場となっていましたが、試合後のコメントでは自身の現状とプロレスへの姿勢を真摯に語りました。「今後の事を含めて自分自身もう一度しっかり見つめなおしてプロレスと向き合って考えていかなくちゃいけない」と。そして、JTOからの離脱を示唆しました。彼の言葉からは、プロレスラーとしての未来に向けた強い決意が感じられました。

さらに、全日本プロレスのスーパースター宮原健斗が綾部蓮にエールを送り、二人は3月9日の全日本プロレスの大会でタッグを組むことが決定しています。「今年に入ってから負け続けて、持っていたベルトも失い、右肩下がりですから。3月9日、きっかけを掴む1戦にします。」綾部蓮の言葉には、新たな始まりへの期待が込められています。

この歴史的な大会は、JTOが掲げる「本当の意味のプロフェッショナルレスリング」への強い意志と、プロレスラーたちの情熱、そしてファンの熱い支持が一体となった瞬間でした。JTOは、TAKAみちのくの哲学に基づき、真のプロレスラーを育成し、プロレス界への貢献を目指しています。今回の大会は、その哲学が実を結んだ証しであり、プロレスファンならずとも心躍る瞬間でした。

今後もJTOは、プロレスの真髄を追求し続けます。綾部蓮の新たな挑戦、グラディオの王座防衛戦、そしてJTOのさらなる発展にご期待ください。プロレスが好きなら、後悔することなく、次のJTOの大会を目撃しましょう。この熱狂を共に体験し、プロレスの真髄を感じ取ってください。

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント