X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

仁木琢郎、2AW無差別級王座 初防衛!12.3 2AW後楽園ホール大会で悲願の師匠超えを果たす!

2AW

皆さん、こんにちは!日本のプロレスリングファンの皆さん、大興奮のニュースが2AWから届きました!12月3日、2AWは今年最後の後楽園ホール大会を開催し、見事な試合が繰り広げられました。特に注目は、仁木琢郎選手の2AW無差別級王座初防衛戦。彼は自らの師匠であり、ライバルであるカズ・ハヤシ選手を超える壮絶な戦いを見せてくれました。

この試合は、仁木選手がGLEATの会場でカズ・ハヤシ選手を逆指名し、実現した夢の対決。約4年前、仁木選手が同じ後楽園ホールでデビューした際の相手がカズ・ハヤシ選手だったという背景もあり、感動的な一戦となりました。

入場時から緊張感が漂い、カズ・ハヤシ選手の白と赤のゴージャスなガウンと、ノーガウンで登場した仁木選手の対照的な姿が印象的でした。試合は仁木コールで開始され、ロックアップから始まる緊迫した攻防が続きます。仁木選手のヘッドロックやプランチャ、そしてキックやエルボーの攻撃が続き、カズ・ハヤシ選手もボディへの厳しい攻めで応戦しました。

仁木選手は苦しい場面もありましたが、観客の熱い声援に支えられ、ドロップキックやエプロン上での攻防など、見事な技を披露。最終的には、マッドスプラッシュでカズ・ハヤシ選手を下し、初防衛を果たしました。

試合後、仁木選手は「4年前ここでデビュー戦をやって本当によかった」と感謝の言葉を述べ、カズ・ハヤシ選手も「お前を誇りに思っている。ただ次は負けねぇからな!」と次戦に向けた意気込みを示しました。さらに、若松大樹選手が登場し、次なる挑戦者として名乗りを上げました。

この大会の熱い戦いを体験したい方は、ぜひ2AWの次回のイベントに足を運んでください。仁木琢郎選手から目を離すなよ!

​(この記事は2AW公式Twitterの情報を基に作成されました。)

皆さん、2AWの興奮と感動を体験しましょう!プロレスの魅力に引き込まれること間違いなしです!

コメント