【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【プロレスリングMY WAY】四代目我蛇王トーナメントついに決着!ウラカン マリーノがフリー・シン・ザックソンを破り優勝の栄冠を手に!

プロレスリングMY WAY

2024年5月19日、福岡県大野城市のMYWAYオートスタジオで開催された「BATTLE SCOPE Vol. 30」は、熱狂と興奮の渦中で幕を閉じました。この大会のハイライトは、四代目我蛇王を決定するトーナメントの決勝戦。数々の激戦を勝ち抜いたフリーシンザックソンとウラカン マリーノの二人が、この日栄冠を勝ち取るために、壮絶な戦いを繰り広げました。

フリーシンザックソンは「MYWAYの、そして九州のプロレスの景色を変える戦い」と位置づけ、決勝への意気込みを語りました。対するウラカン マリーノは、「支えてくれたすべての人々に感謝を込めて戦います」と強さと志を前面に押し出したコメントで応えました。

試合は予想を超える激闘となり、最終的にはウラカン マリーノがフリーシンザックソンを下し、第四代目我蛇王としての栄誉を勝ち取りました。彼の勝利を、初代我蛇王であるレフリーマンも祝福し、「これからの我蛇王戦線がさらに面白くなる」と期待を示しました。

敗れたフリーシンザックソンは敗北を認めつつも、次回のリングでのリベンジを誓いました。今後の彼らの戦いから目が離せません。

プロレスリングMY WAYの魅力は、ただ試合を見せるだけでなく、各レスラーのストーリーと成長が感じられることです。代表のヴァンヴェール・ネグロが率いるこの団体は、家族のような結束と共に福岡から世界へと情熱を発信しています。プロレスの真髄を感じたいなら、この熱い戦いを体験するのが一番です。

皆さん、次回のMY WAYのイベントも見逃さないでください。プロレスの新たな歴史が、ここ福岡からまた始まるのです!この記事は、プロレスリングMY WAY公式のTwitterLit.linkからの情報に基づいています。

続くドラマと勝負の行方に、今すぐ目を向けてみてはいかがでしょうか。

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント