X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【プロレスリングFTO】4.6大分大会でオーストラリアからの刺客、ジョーディー・スパークルと「ポイズン・バレット」ヒュー・サンズがタッグを組みWSD王座に挑戦!

プロレスリングFTO

プロレスの熱狂と情熱が交差する場所、大分県大分市のJ:COM ホルトホール大分で、4月6日(土)にプロレスリングFTO春のビッグマッチ「INTER NATIONAL FIGHT」が開催されます。この日、空位となっているWSD(WRESTLE STRONG DOJO)のタッグ王座を賭けた戦いが繰り広げられます。オーストラリアの地を揺るがした熱戦が、今、日本の地で再び火を噴きます。

昨年10月、オーストラリアのWSDでスカルリーパー・エイジと吉田充宏のタッグがトニー・シンを破り、新たなタッグ王者に輝きました。しかし、不運な怪我によりタイトルが返上される事態に。それからの空白を埋めるべく、今回の挑戦者が発表されました。その名もジョーディー・スパークルと「ポイズン・バレット」の異名を持つヒュー・サンズです。

ジョーディー・スパークルはその優男風の外見からは想像もつかない激しい戦いを展開し、オーストラリアのみならずアメリカでもその名を轟かせています。「Hello!Japan!」の言葉と共に、彼の日本への期待と情熱が感じられます。一方、ヒュー・サンズはその圧倒的なパワーで相手を制圧し、見る者を魅了します。この二人がタッグを組んだ時、何が起こるか――その答えは4月6日に明らかになります。

二人はビデオメッセージを通じて、このチャンスを生かし、タイトルをオーストラリアに持ち帰る決意を示しています。この挑戦には、ただ勝利するだけではなく、彼らのレスラーキャリアにおける新たな伝説の始まりがかかっています。

プロレスリングFTOは2004年の設立以来、「FTO祭り」などの興行を通じて、地域貢献とプロレスの魅力を伝え続けています。スカルリーパー・エイジ氏のように、地元大分出身のレスラーが中心となり、熱いバトルを展開してきました。今回の「INTER NATIONAL FIGHT」も、それらの歴史に新たな1ページを加えるでしょう。

この記事は、プロレスリングFTOの公式サイトとスカルリーパー・エイジ氏のTwitterを基に作成されました。プロレスリングFTOスカルリーパー・エイジTwitterをチェックし、最新情報をゲットしてください。

国を超え、時を超え、魂がぶつかり合う。4月6日、J:COM ホルトホール大分での「INTER NATIONAL FIGHT」に、あなたもその熱狂の渦中に飛び込んでみませんか?プロレスリングFTOが送るこの激闘、見逃す手はありません!

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント