X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【2AW】2AW無差別級王者 仁木琢朗がエース吉田綾斗を下しV4達成!次なる挑戦者はドイツから凱旋した花見達也!4.28千葉大会でハナニキ対決実現へ!

2AW

2024年3月20日、東京のプロレスの聖地・後楽園ホールで開催された2AWの興奮と感動に満ちた一夜が、ファンの心を熱くした。この日のメインイベントでは、2AW無差別級王者・仁木琢郎が、団体のエースである吉田綾斗の挑戦を受け、壮絶な戦いを繰り広げた。

挑戦者である吉田綾斗は黒を基調としたコスチュームで闘志満々に入場。対する仁木琢郎は、白を基調とした新コスチュームでこれに応え、二人の対照的な姿は会場を沸かせた。ファンからは多くの紙テープが投げ込まれ、その期待の高さがうかがえた。

試合は、仁木の多彩な技と吉田の鋭い蹴り技が交錯する息詰まる展開。最終的には仁木が吉田の隙をつき、Turn Overからのエビ固めで勝利を収めた。試合後、吉田は「悔しいけど、仁木琢郎は凄い。次に戦う時は絶対に負けない」と力強く語った。一方、仁木はファンの声援への感謝を述べつつ、勝利の喜びを語った。

そして、興奮冷めやらぬ中、ドイツ修行から帰国したばかりの花見達也が登場し、仁木への挑戦を宣言。この挑戦を受け、2AWは2024年4月28日にGRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉で行われる2AW無差別級選手権試合「仁木琢郎 vs 花見達也」のカードを発表した。

かつて「ハナニキ」というチーム名で2AWタッグチャンピオンに輝いたこともある仁木と花見。二人が再びリングで相対する時、何が生まれるのか、その行方にプロレスファンは目が離せない。

2AWは、地域に根差し、ファンと共に成長してきたプロレス団体。その歴史と伝統を背負い、次なる舞台へと進む彼らの姿に、私たちは勇気をもらい、夢を見る。仁木琢郎、花見達也、そして2AWの未来に、心からのエールを送りたい。この熱い戦いを、一緒に見守りましょう!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント