X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【SECRET BASE】無差別級王者 川島真織、兄貴と慕うフェリストを下し15周年大会で初V!次なる挑戦者は代表 清水基嗣!4.7新宿大会で激突へ!

SECRET BASE

日本のプロレス界に新たな伝説が刻まれようとしています。調布を拠点に全国を舞台に活躍するプロレス団体「SECRET BASE」が、15周年を迎えるにあたり、熱狂と情熱の渦中、2.23高島平区民館大会「15th anniversary Raise the Flag」を開催させました。

メインイベントでは、キャプテン・オブ・ザ・シークレットベース無差別級王座が懸かった戦いが展開されました。王者、川島真織と挑戦者フェリストの間で繰り広げられたこの戦いは、プロレスの魂を揺さぶる白熱の展開でありました。川島真織の圧倒的な技、シークレットバズーカがフェリストに炸裂し、見事初防衛を成し遂げたのです。

試合後の川島の言葉は、会場に集まったファンの心を深く打ちました。「兄貴(フェリスト)、ベルトに挑戦してくれてありがとう。またいつでも挑戦しに来てください。今日は本当にありがとうございました。」という言葉からは、プロレスラーとしての強い絆が感じられます。

そして、15周年の節目にふさわしいサプライズが。川島真織が自らの師であり、SECRET BASEの代表でもある清水基嗣を次期挑戦者に指名。これに対し、清水も全力で応えることを約束し、4月7日の新宿FACE大会でのタイトル戦が決定しました。

この歴史的瞬間を目の当たりにするため、そして、プロレスの魅力に触れるため、ぜひ会場に足を運んでください。SECRET BASEは、これからも情熱と熱狂を胸に、未来に向かって進んでいきます。

詳細は、SECRET BASEの公式サイト【https://pw-secretbase.tokyo/】および【https://twitter.com/SecretBase2009】でご確認いただけます。この伝統と革新の瞬間を一緒に体験しましょう。

プロレスファンの皆様、SECRET BASEの15周年記念大会は、ただの節目ではありません。これは新たな伝説の始まりです。心躍る戦いを目撃し、プロレスの魂を感じてください。川島真織と清水基嗣、そしてSECRET BASEの勇者たちが織りなす物語は、まだまだこれから。皆様の熱い声援を、心よりお待ちしております。

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント