X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【琉球ドラゴンプロレスリング】ティーラン獅沙、熱戦を制し、我栄トーナメント二連覇を成し遂げる!4.28沖縄大会での美ら海セイバーとのシングル王座防衛戦へ!

琉球ドラゴンプロレスリング

琉球ドラゴンプロレスリングは、2024年2月23日、沖縄市民会館で我栄トーナメント2024の準決勝と決勝戦を繰り広げました。この大会は、シングル最強を決めるトーナメントであり、熱い戦いが繰り広げられました。

一回戦と二回戦を勝ち抜いた四強、首里ジョー、モズク富永、ティーラン獅沙、グルクンマスクが準決勝で激突。ティーラン獅沙とグルクンマスクの試合では、互いの技術を駆使した攻防が展開され、ティーラン獅沙がフロッグスプラッシュで見事勝利。一方、首里ジョーとモズク富永の試合は、同じユニットの仲間同士の戦いとして注目され、首里ジョーが強烈なスピアーで決勝進出を果たしました。

そして迎えた決勝戦。首里ジョーは「双琉王」のベルトを腰に、仲間を引き連れて堂々と入場しました。対するティーラン獅沙は、セコンドにウルトラソーキを迎え、緊張感あふれる戦いが始まりました。序盤はテクニックを競い合う静かな攻防から、中盤にかけては首里ジョーのラフファイトが展開され、場内はティーラン獅沙への大きな声援で満ちあふれました。終盤、ティーラン獅沙はフロッグスプラッシュ二連発で首里ジョーを下し、見事優勝を果たしました。

試合後、ティーラン獅沙は優勝の喜びと観客への感謝を伝え、美ら海セイバーを次なる挑戦者に指名。これにより、琉球ドラゴンプロレスリング11周年記念大会でのタイトルマッチが決定しました。ティーラン獅沙の「トーナメント2連覇、第14代『琉王』として先頭に立って引っ張っていきます!」という力強い宣言は、新時代の幕開けを告げるものでした。

琉球ドラゴンプロレスリングは、2013年の設立以来、沖縄から世界に向けて夢や勇気、感動、笑顔を提供し続けています。今回の我栄トーナメント2024は、プロレスファンならずとも必見の激闘が繰り広げられました。これからも琉球ドラゴンプロレスリングの新たな歴史が刻まれていくことでしょう。次回の大会も、期待して待ちましょう!

記事参照元:琉球ドラゴンプロレスリング公式ツイッター公式ウェブサイト

この大会の模様は琉球ドラゴンプロレスリング公式Youtubeでご覧いただけます。ぜひチェックしてくだい!

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント