X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【愛媛プロレス】2.18愛媛・能登半島復興支援道場マッチで新星・笹岡洸希が堂々のデビュー戦!マツヤマ・ウォリアーに挑むも玉砕!

愛媛プロレス

愛媛プロレスは、2月18日、愛媛県伊予郡の道場で「能登半島復興支援道場マッチ」を盛大に開催しました。この日、特に注目されたのは、2023年4月に体力テストを見事に合格し、愛媛プロレスに練習生として入団した笹岡洸希のデビュー戦です。

対戦相手は「松山のラストサムライ」と称されるマツヤマ・ウォリアー。幼少期から武道に打ち込み、極真カラテ、柔道、居合道などで合計12段の段位を持ち、ブラジリアン柔術のアジア大会で無差別級を3連覇するなど、格闘技で数多くの実績を誇る笹岡。彼のリングデビューには、約100人もの観客が駆けつけ、熱い視線を送りました。

試合は、マツヤマ・ウォリアーの強烈なエルボードロップや逆エビ固め、ブレンバスターといった厳しい攻めが目立ちましたが、笹岡もドロップキックで見事に反撃し、観客を魅了しました。結果はマツヤマ・ウォリアーの勝利となりましたが、笹岡のデビュー戦は、彼の潜在能力と将来性を示す貴重な経験となりました。

試合後、笹岡は「この悔しさをバネに、師匠のような立派なレスラーを目指して、折れず諦めず明日からも頑張ります」と力強く語りました。そして、デビュー戦の疲れを癒すため、伊予の湯治場「喜助の湯」でリラックスしたといいます。

愛媛プロレスは、地域振興を目指し、地域の特産品や観光名所をリングネームとする選手を多数擁し、地域密着型のエンターテインメントを提供しています。その活動は、週末の愛媛をもっと楽しめる観光資源として、県内の経済活性化や地域愛を育んでいます。

このように、愛媛プロレスは、プロレスを通じて愛媛を元気にし、地域の誇れるヒーローを目指しています。笹岡洸希のデビュー戦は、ただの始まりに過ぎません。これからも愛媛プロレスのリングは、情熱と感動を提供し続けるでしょう。みなさんも、愛媛プロレスの次なる興行をお見逃しなく!

※本記事は、愛媛プロレスの公式Twitterおよび公式ウェブサイトに基づいて作成されました。

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント