X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【大衆プロレス松山座・試合結果】2.4大阪・生野区民センター、メインイベントでCoCo復帰戦を座長松山勘十郎が乱れ髪で盛大に祝う!注目の次回大会は5月に決定!

大衆プロレス松山座

大衆プロレス松山座は、再び大阪・生野区民センターで熱い戦いの舞台を設けました。昨年8月、この場所で腕を吊りながら無念の負傷欠場を告げたCoCoが、2024年2月4日に全力でリングに帰ってきました。この日のメインイベントは、松山勘十郎、ヴァンヴェール・ネグロ、沙恵という強力なタッグと、ヴァンヴェール・ジャック、愛媛プロレスのイマバリタオル・マスカラス、そして若きファイターCoCoが組むチームとの間で繰り広げられた激闘の六人タッグマッチでした。

ヴァンヴェール一家の息子ジャックと娘CoCoは、この日のために精魂込めて戦いました。特にCoCoは、13歳にしてこの大舞台での復帰戦という重圧の中、驚異的なファイトを見せつけました。試合の入場からして華やかで、愛媛プロレスのヒーロー、イマバリタオル・マスカラスは子供たちと共にタオルを回しながらの入場で会場を盛り上げました。

試合は、松山勘十郎のCoCoへのマグロフォールをヴァンヴェール・ネグロが阻止するなど、波乱に満ちた展開で進みました。そして、試合のクライマックスでは、それぞれの選手が場外で放ったダイブ三連発が圧巻で、特にヴァンヴェール・ジャックは重力を感じさせない跳躍力で観客を魅了しました。

最終的には、松山勘十郎が必殺の乱れ髪をヴァンヴェール一家をまとめてマグロフォールするという見事な技で勝利し、観客を大いに沸かせました。この日のメインイベントは、ヴァンベール一家の存在感と勇気、そして松山勘十郎の圧倒的な技術が見せつけられた大盛り上がりのものとなりました。

そして、大衆プロレス松山座からは、次回の大会も発表されました。5月12日には、座長の松山勘十郎20周年特別公演「松山魂-まつやまこん-」が開催されます。これからも大衆プロレス松山座は、情熱と勇気、そして驚異の技術でプロレスファンを魅了し続けるでしょう。この記事は、アメブロツイッターの情報に基づいて生成されました。

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント