【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【大衆プロレス松山座】FTOが誇る猛牛鳥人タッグ岡崎恭也&メジロ・キッドが2AW王者・仁木琢郎、マホロバのタッグと激突!FTO新世代王者・岡崎が堂々の勝利!マホロバは再戦を熱望!

大衆プロレス松山座

大衆プロレス松山座が2月4日、大阪・生野区民センターで熱い闘い「松山醍舞」を展開しました。この日、特に注目されたのは、FTOプロレスから初参戦の岡崎恭也とメジロ・キッド、通称「猛牛鳥人タッグ」が、2AW無差別王者・仁木琢郎となら万葉プロレス代表マホロバとの激闘でした。

夜明け前のジムトレーニングから始まり、勝利への自信を見せつけた岡崎恭也。彼とメジロ・キッドの息の合ったタッグは、試合を通じてその力を存分に発揮。特に岡崎のノーザンライトスープレックスは会場を沸かせました。そして、最終的には岡崎がマホロバを下し、見事勝利を掴みました。

敗れはしたものの、仁木琢郎とマホロバの戦いぶりも印象的で、仁木は「会場の雰囲気が最高すぎ!!また出たいなあ・・・。」と再戦を希望。マホロバも「若者は強かった・・・。でも、おっさんってしつこいのよ。またやろう!」と闘志を燃やしていました。

岡崎恭也は「暴れまくって勝ちましたっ!」と勝利を喜び、メジロ・キッドも「初大阪で初勝利。自力ではなかったけど勝ちは勝ちや!」と感謝と喜びを表しました。この日の激闘は、FTO NEW AGE王者と2AW無差別級王者の間で再び交わる日を期待させます。

大衆プロレス松山座は、座長松山勘十郎が立ち上げた、大阪を拠点に活動するプロレス団体。楽しさと激しさ、そして妖艶な魅力を併せ持つヴィジュアル系プロレスで、ファンを魅了し続けています。

今回の「松山醍舞」は、プロレスの熱い魂と情熱を再確認させる一夜となりました。大衆プロレス松山座の次なる動きに、ぜひご注目ください。そして、この情熱のリングにあなたも足を運んでみませんか?勇気と希望、そして夢がここにはあります。

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント