【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【鳥取だらずプロレス】1.24メインイベントはSWA山陰統一選手権タイトルマッチ!王者ガイナタイガーが白ネギおじさんの猛攻に耐え、1年9ヶ月ぶりの防衛に成功!

鳥取だらずプロレス

2024年が幕を開けた瞬間、鳥取だらずプロレスのリングはすでに熱気に包まれていました。1月27日、鳥取県米子市の米子市観光センターで開催されたこの大会は、新年を彩るにふさわしい激闘の舞台となりました。

この日のメインイベントは、SWA山陰統一選手権のタイトルマッチ。山陰地方最強のレスラーを決定するこの戦いは、ただのプロレスの試合ではありません。それは、闘魂と根性のぶつかり合い、そして鳥取県の誇りをかけた戦いなのです。

第14代王者ガイナタイガーは、覆面をかぶり、公務員という日常とプロレスの夢を両立させる米子市のヒーロー。彼の対戦相手は、白ネギを持ち、白塗りのメイクで幻想的かつ恐ろしい雰囲気を演出する白ネギおじさん。彼は昨年10月の高円寺フェスで注目を集め、多くのファンを魅了しました。

試合は、白ネギおじさんが腕固めや高速ロープ渡り、コブラツイスト、逆エビ固めなど、多彩な技でガイナタイガーを圧倒。しかしガイナタイガーは、その危機を乗り越え、美しいフォームのムーンサルトプレスで見事なカウンター攻撃を見せ、勝利を掴み取りました。

この試合は、ガイナタイガーの2度目の防衛戦として記録され、SWA山陰統一選手権の歴史に新たな1ページを刻んだのです。次なる挑戦者が誰になるのか、鳥取だらずプロレスの今後の展開に目が離せません。

鳥取だらずプロレスは、地域貢献と発展を目指し、2012年に設立された団体です。創設者である古川清暁と橋本康平は、学生プロレス団体「闘強士火プロレス」出身の歯科医師で、プロレスを通じて地域に元気と勇気を届けています。

この団体は、地元メディアで頻繁に取り上げられ、NHKの「全国あまちゃんマップ」にも登場するなど、全国的にも注目されています。そして、年末の「ダラズマニア」などのイベントを通じて、ファンに感動と興奮を提供し続けています。

今回の大会に参加した各レスラーたちは、それぞれの役割を果たしながら、プロレスの魅力を最大限に発揮しました。ガイナタイガーのような地元の英雄から、白ネギおじさんのようなユニークなキャラクターまで、鳥取だらずプロレスは多様な魅力を持つ団体です。

この記事は、鳥取だらずプロレスの公式Twitterに基づいて作成されました。この興奮と感動を体感したい方は、ぜひ次回の鳥取だらずプロレスの大会に足を運んでみてください。リングの上で繰り広げられる真剣勝負の世界を、自分の目で確かめることができるでしょう。みなさんのご来場を心よりお待ちしています!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント