【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【鳥取だらずプロレス】鳥取だらず級選手権試合は不透明決着ながらレイファルコンが初防衛に成功!敗れた棚ボタ弘至は怒りのボイコット宣言・・・!?

鳥取だらずプロレス

皆さん、こんにちは!今日は、日本のプロレス界に新たな伝説を刻んだ、鳥取だらずプロレスの2024年開幕戦の興奮を皆さんにお届けします。

この大会は、鳥取県米子市の米子市観光センターで行われ、会場は熱気と期待でいっぱいでした。特に注目されたのが、鳥取だらず級選手権試合。第10代王者レイファルコンに、挑戦者棚ボタ弘至が挑む一戦です。

レイファルコンのホーム、あるガソリンスタンドを訪れ、敵情視察を行った棚ボタ弘至。彼はこの戦いに向けて、鍛え上げられた肉体と共に、観客との一体感を見せつけながら入場しました。一方、王者レイファルコンは黒を基調としたコスチュームで、王者の風格を漂わせての堂々たる入場。両者の闘志が火花を散らす中、試合は始まりました。

緊張感溢れる技の応酬が続く中、6分を過ぎた頃にレイファルコンが見せたスクールボーイ。この技で棚ボタ弘至を丸め込み、まさかのカウントスリー。レイファルコンが初防衛に成功しました。しかし、棚ボタ弘至はレフェリーへの怒りを露わにし、2月の鳥取だらずプロレス大会のボイコットを宣言。しかし鳥取だらずプロレスは2月の大会は予定されておらず、何を意図したボイコットなのかは不明です。

鳥取だらずプロレスは、地域貢献と発展を目指して活動する団体です。代表の古川清暁氏と橋本康平氏によって設立され、地域メディアでも多く取り上げられています。この団体は、地域の代表としての位置付けを目指しており、年末には「ダラズマニア」というイベントも開催しています。

また、団体には、ガイナタイガー、原口知弥、セーフティこうき、カルロス大原、瀧本大恋愛など、個性豊かな選手たちが所属しており、彼らの活躍も目が離せません。

今回の開幕戦は、ただの試合ではなく、情熱と興奮、そして地域愛に満ちた一大イベントでした。次回の鳥取だらずプロレス、皆さんもぜひ足を運んで、この熱狂を体感してください!

[本記事は以下のURLより情報を得ています:https://twitter.com/tottoridarazupw/]

皆さん、鳥取だらずプロレスで、プロレスの魅力に触れ、感動の一時を共有しましょう!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント