【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【プロレスリングBURST】1.21佐賀・KANZAKI BASEは超満員札止め!フルハウスの観衆が危険で美しい岩﨑永遠と葛西純のデスマッチに酔いしれた!

BURST

佐賀発の熱き戦い、プロレスリングBURSTのファンの皆様、こんにちは!我々の愛する団体BURSTがまたしても歴史に残る一戦を繰り広げました。この記事はBURSTの公式X(旧Twitter)(https://twitter.com/OnestepBURST)及び公式サイト(https://burst.jp/)に基づいています。

さて、皆さんは1月21日の大会、佐賀KANZAKI BASEでの壮絶な戦いをご覧になりましたか?メインイベントでは、佐賀の誇り、BURSTの代表でもある岩﨑永遠と、デスマッチ界のカリスマ、葛西純がシングルマッチで対決しました。この試合、チケットは完売!プロレス界でも大きな話題となりました。

阿部史典や香取貴大らがセコンドにつき、会場は緊張感に包まれます。まず岩﨑永遠が有刺鉄線ボードを被弾するも、空缶ボードの攻防では見事に反撃!しかし葛西純が得意の竹串攻撃で岩﨑永遠の頭上に“竹串の花”を咲かせるという衝撃の展開が!

血に染まりながらも、両者は激しい攻撃を交わし、観客は熱狂。そして葛西純がパールハーバースプラッシュでとどめをさそうとしますが、岩﨑永遠はこれを跳ね返し、激しいラリアートの応酬が続きます。

試合は19分に及び、最後は葛西純がクロスアーム式スティミュレイションで岩﨑永遠を下しました。勝利後の葛西純のコメントが心に響きます。「お前はまだ若い、伸びしろがある。俺っちは今年で50になるが最盛期は10年後だ。それまでにお互い強くなって、また良い死合やろうぜ。FREEDOMSに遊びに来いよ。」そして岩﨑永遠も「強くなるために、プロレス・デスマッチもプロレスです。心と体を捧げて、これからも生きていきたいと思います」と感動的なコメントを残しました。観客からは「ありがとう!」と多くの声援が飛びました。

この熱い戦いを通じ、岩﨑永遠は自身のキャリアにおいて大きな一戦を経験し、葛西純との再戦への意欲を見せています。今後の二人の活躍に目が離せません!

BURSTは、佐賀から世界へ、最高のプロレスを発信し続けます。佐賀だからこそ、佐賀だから見られる、真っ向勝負を我々と共に体感しましょう。「夢を見て、夢を魅せる」、それがBURSTのミッションです。次回の大会も、皆さんの熱い声援を心よりお待ちしております!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント