X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【鳥取だらずプロレス最終戦】12.17鳥取大会・35分越えの死闘の果てにCOW佐伯、セーフティこうき組がタッグリーグ優勝の栄冠を手に!

鳥取だらずプロレス

2023年12月17日、鳥取県米子市にて、鳥取だらずプロレスの年間最大イベント「ダラズマニア」が盛大に開催されました。この日、プロレスファンが待ちに待った最終戦が繰り広げられ、熱狂の渦が米子天満屋てんまやホールを包み込みました。

メインイベントは、今年4月から始まった長い戦いの終結として、だらずタッグリーグの優勝決定戦。COW佐伯とセーフティこうきの強力タッグが、レイファルコンとガイナタイガーという猛者たちと激突しました。COW佐伯とセーフティこうきは、戦略的な連携と気迫に満ちたファイトで、相手チームの猛攻を凌ぎ、見事逆転勝利を飾りました。試合のハイライトは、COW佐伯が放ったフィニッシュホールド「夢限」。これがガイナタイガーに決まり、レイファルコンの救出もセーフティこうきによって阻止された瞬間、観客は興奮のあまり立ち上がりました。

この勝利により、COW佐伯とセーフティこうきはタッグタイトルへの挑戦権を獲得し、シングルのベルトへの挑戦も表明しました。彼らの今後の活躍から目が離せません!

「鳥取だらずプロレス」は、2012年に設立された地域密着型のプロレス団体です。地域貢献と鳥取県の認知度向上を目指し、活動を続けています。今回の大会も、地元メディアで大きく取り上げられ、多くのファンが集まりました。プロレスを真剣勝負として捉え、地域の代表として位置付けられているこの団体から、今後も目が離せません。

来年も「鳥取だらずプロレス」の更なる飛躍を期待し、これからも地元米子市での熱い戦いを応援しましょう。この素晴らしい興奮と感動を、ぜひ会場で体験してください!GO!だらず!GO!

(本記事は鳥取だらずプロレスの公式Twitterを元に作成されました。)

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント