X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【ランズエンド】オールアジアヘビー級王者・大門寺崇が進む過酷かつ驚異的な防衛ロード!

ランズエンド

ランズエンドプロレスリングのオールアジアヘビー級王者、大門寺崇が姫路と東京間、約600kmの驚異的な移動を行い、連日の防衛戦に挑む姿を見せた。この情報は、https://twitter.com/landsend_voyageで詳細に確認できます。

先日、196cm、115kgの体格を誇る巨木フトシとの防衛戦では、15分45秒で彼を破る大活躍。試合後、大門寺崇は「4年越しに闘えて良かった、巨木フトシ、また日本に来てくれ!」と感謝の気持ちを伝えました。

そして、彼は翌日の大日本プロレス後楽園ホール大会で、マッスルモンスターとして知られる関本大介との三度目の防衛戦を宣言。関本大介からの挑発にも動じず、「今日、今まで勝てなくても、みなさんからの力を背負って、このベルトを関本大介から防衛する!」と気合十分!

実際の試合では、関本大介の大技を耐え抜き、18分51秒で3度目の防衛に成功。試合後、大門寺崇は「関本選手を撃破で3度目の防衛だ!さぁ次は何する!」と、次の展開に向けての意気込みを示しました。

ランズエンドプロレスリングの代表、崔領二からは、チームの誇りと情熱についての熱いメッセージが届いています。「私たちの船、Lands’ Endの誇りあるメンバーとともに、地球の果てからの終わりのない航海を開始したい」とのこと。この情熱で彼らは航海を続けています。

この素晴らしい組織のプロレスラーたちは、それぞれの得意技と経歴でファンを魅了しています。特に大門寺崇は、アメリカンレスリングの夢を追い求めて、多くの困難を乗り越えてきました。今、彼はランズエンドプロレスリングの未来のスターとして注目されています。

ファンの皆様、ランズエンドプロレスリングの興奮と熱狂を、ぜひ会場で体感してください!選手たちの情熱と技を目の当たりにし、最高の時間をお楽しみください!


ランズエンドプロレスリング、次回の試合もお見逃しなく!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント