【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【ランズエンドプロレスリング】10.1広島・因島での熱戦!43年ぶりのプロレス大会!結果速報!

ランズエンド

2023年10月1日(日)、因島では43年ぶりにプロレス大会が開催されました。ランズエンドプロレスリングの熱い闘いが尾道市因島体育センターを舞台に繰り広げられました。

試合結果:

  • 第1試合: 石切が佐野直をムーンサルトプレスで撃破!9分05秒の激闘の末、片エビ固めで勝利を手にしました。
  • 第2試合: 花園桃花が3WAYマッチで圧勝!13分21秒、ダブル押さえ込みでレイパロマとHASEGAWAを制しました。
  • 第3試合: アズールドラゴン & レブロンのタッグがRYO & 大谷譲二を11分49秒で逆さ押さえ込みで下しました。
  • 第4試合: 新泉浩司の活躍で、藤田ミノル & 新泉浩司が旭志織 & ホラちゃんをタイガードライバーで制覇しました。
  • 第5試合: メインイベントでは、崔領二, アンディ・ウー, ディラン・ジェイムスが26分56秒の戦いの末、大門寺崇, ボディガー, FGマスクをハイアングルチョークスラムで撃破しました。

10.28姫路では、オールアジアヘビー級選手権試合でチャンピオンの大門寺崇がオーストラリアの巨木フトシに挑む大一番が予定されています。興奮と熱気の中、ランズエンドプロレスリングの戦士たちが、再びリングで熱き闘いを繰り広げます。この興奮を絶対に見逃してはいけません!

ランズエンドプロレスリングの代表、崔領二の言葉によれば、「私たちは地球の果てから新しい航海を始めます。この情熱で私たちは航海を続けます…」。この情熱と決意を胸に、ランズエンドプロレスリングの闘士たちは、ファンの期待を背負って、次の戦いへと向かいます。

この記事は以下のURLをもとに作成されました:https://twitter.com/landsend_voyage

ランズエンドプロレスリングの全力を、ぜひ会場で体感してください!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント