【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【プロレスリングHEAT-UP】四強激突!6.30神奈川道場マッチでオールラウンド初代王者決定トーナメント準決勝!決勝戦は8.20後楽園大会!

HEAT-UP

プロレスリングHEAT-UPは、2013年の創立以来、「選手だけでなくファンも熱くなるプロレスを」という理念のもと、情熱とエネルギーに満ちた試合を提供し続けています。そして今、その情熱がさらに燃え上がる瞬間が訪れようとしています。6月30日(日)、神奈川県川崎市のヒートアップ道場で、「HEAT-UPオールラウンド初代王者決定トーナメント」の準決勝戦が行われます。

このトーナメントは、第一ラウンドをキックボクシングルールで3分、第二ラウンドをグラップリングルールで3分、第三ラウンドをプロレスルールで5分間で行う、特殊な試合形式です。

HEAT-UPオールラウンド王座の新たな歴史を築くため、ハジメ、佐藤大地、那須晃太郎、槙吾、ホワイト森山、伊藤崇文、裕希斗、手島“てっしー”といった八人の猛者が集結しました。準決勝に駒を進めたのは、伊藤崇文(パンクラス)、槙吾、那須晃太郎、ホワイト森山の四人です。

この日の注目の一戦は、伊藤崇文と槙吾の間で展開され、互いの技と心がぶつかり合う真剣勝負になります。また、那須晃太郎とホワイト森山の対戦では、那須が「新しい景色を見せます」と勝利を宣言し、ホワイト森山も「HEAT-UPのために何ができるか、それを見せる時」と熱く語ります。彼らの言葉からは、ただ勝つこと以上の、試合を通じて何かを伝え、何かを変える強い意志が感じられます。

観客を魅了し、心を揺さぶる彼らの戦いは、プロレスリングHEAT-UPが常に追求してきた「熱い戦い」の真髄を示すものです。そして、これらの試合の勝者は8月20日に後楽園ホールで行われる決勝戦へと進みます。この聖地で、誰が初代王者の栄光を手にするのか、世界中のプロレスファンが注目しています。

今、あなたに必要なのは、この熱戦を目撃するチケットだけです。プロレスリングHEAT-UPの勇士たちが織り成す、熱く、激しく、美しい物語をその目で確かめてください。情熱のリングで、あなたの心も熱く燃え上がることでしょう。

記事情報源:

コメント