【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【鳥取だらずプロレス】鳥取13周年大会メインイベントは25分超えの激闘!ガイナタイガーがセーフティこうきを下し山陰統一王座V3達成!

鳥取だらずプロレス

鳥取だらずプロレスが創立13周年を迎えるにあたり、4月28日に鳥取産業体育館サブアリーナで盛大な記念大会が開催されました。この大会は、地元鳥取の情熱とプロレス愛に満ち溢れた一日となり、観客は無料でその興奮を味わうことができました。

大会のメインイベントとして注目されたのは、山陰統一選手権試合で、第14代王者ガイナタイガーがセーフティこうきを迎え撃ちました。60分の壮絶な一本勝負は、ガイナタイガーが圧巻のムーンサルトプレスを決め、25分50秒でセーフティこうきを下し、見事3度目の王座防衛に成功しました。試合のクライマックスでは、リング外でのブレンバスターや危ういリングアウト寸前の攻防が会場を熱狂させ、セーフティこうきが勝利に近づいたかに見えた瞬間もありましたが、最後はガイナタイガーがその強靱な意志で王座を守り抜きました。

試合後、ガイナタイガーは「頭突きの後は記憶がハッキリしない。FLY OR DIE。全員やるまで止めないからな。」とコメントし、早くも次戦を見据えているようです。また、セーフティこうきも「今回ベルトに挑戦しましたが一歩及びませんでした。大きな怪我もなく、何よりです」と次への意欲を見せました。

この記念大会は、鳥取だらずプロレスが地域に貢献し、地域発展と鳥取県の認知度向上を目指す団体であることを改めて証明する場となりました。プロレスの興奮とドラマが一体となったこの日、参加したすべての人々が鳥取の地で繰り広げられる熱い戦いを心から楽しむことができたのです。

鳥取だらずプロレスの情熱的な闘いをこれからも応援し、次の興行も見逃せない展開が期待されます。この記事は、鳥取だらずプロレス公式Twitterに基づいて生成されました。

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント