X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【がむしゃらプロレス】4.21北九州市・門司赤煉瓦プレイス大会の全対戦カードがついに発表!注目のメインイベントはGWA無差別級タッグ選手権!

がむしゃらプロレス


北九州を熱くするプロレスの祭典、「がむしゃらプロレス」が20周年を迎え、2024年4月21日に門司赤煉瓦プレイスで開催される大会の全対戦カードがついに発表されました。この大会は、ただの記念大会ではありません。熱い戦い、情熱のぶつかり合い、そしてプロレス愛に満ちた一日となることでしょう

特に注目すべきは、GWA無差別級タッグ選手権のメインイベント。現第15代チャンピオン、サムソン澤田と陽樹の強力タッグが、KENZOと丹の国プロレスの代表、嵐弾次郎の挑戦を受けます。この対戦は、昨年末のGAMSHARA MANIA 2023での戦いの再燃。KENZOはその際、サムソン澤田と陽樹のタッグに敗れましたが、今回は嵐弾次郎との新たなタッグで再びチャンピオンへ挑戦します。

嵐弾次郎は、この大一番に向けて「最近腰が寂しいのよ。なんでちょっとベルト奪取して宮津に持ち帰らせてもらいます」と、勝利への強い意志を示しています。一方のKENZOも、「自分なりのプロレスの愛と恋を、このタッグで示したい」と情熱的に語ります。

この歴史的大会を開催する門司赤煉瓦プレイスは、かつて北九州の産業を支え、現在は多くの人々に親しまれる観光地となっています。そんな意義深い場所で、がむしゃらプロレスは新たな歴史を刻む準備が整いました。

皆様、この熱い戦い、情熱のぶつかり合いを肌で感じるために、門司赤煉瓦プレイスへ足を運びませんか?プロレスラーたちの魂の叫びを、目と心でしっかりと受け止めてください。これはただのスポーツイベントではなく、情熱と愛に溢れた祭典です。今回の大会の詳細は、がむしゃらプロレスの公式Twitterでチェックして、一緒に歴史の一ページを飾りましょう!

皆さんの熱い応援、心よりお待ちしております!

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント