X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【琉球ドラゴンプロレスリング】4.28沖縄11周年記念大会のカード発表!シングル・タッグ王座戦に加えスペシャルシングルマッチが電撃決定!

琉球ドラゴンプロレスリング

琉球ドラゴンプロレスリング、11周年を迎えるこの記念すべき年に、沖縄・那覇文化芸術劇場なはーとで開催される大会は、すでにプロレスファンの間で最高潮に盛り上がっています。2023年の熱戦を経て、2024年4月28日にはさらに熱い戦いが予想されています。

まず目を引くのは、ビリーケン・キッドとオリオンのシングルマッチ。昨年12月の対戦は、超満員の観客の熱気に包まれ、ビリーケン・キッドがオリオンの実力を高く評価した一戦でした。二人の再戦は、ただならぬ因縁と緊張感に満ち、見る者を熱くさせます。

タッグ王座である双琉王のタイトルマッチでは、首里ジョーとモズク富永の現王者タッグが、FREEDOMSから佐々木貴と杉浦透の挑戦を受けます。この対決は、首里ジョーとモズク富永の挑発により火が付き、佐々木貴の「ベルト奪取」宣言がさらなる熱意を加えています。佐々木貴が沖縄での大会で防衛戦を行うという野望は、この試合の注目度を一層高めています。

そしてメインイベント、琉王のタイトルマッチでは、ティーラン獅沙が美ら海セイバーを挑戦者に迎えます。ティーラン獅沙は、今年2月の我栄トーナメントでの勝利を経て、王座を獲得。彼の挑戦者指名は、11周年記念大会の舞台をさらに華やかにしています。

このように、一つ一つの試合がストーリーに満ち、感動と興奮を提供します。琉球ドラゴンプロレスリングは、2013年の設立以来、「プロレスで夢や勇気、感動、笑顔を提供」するという使命を果たし続けています。グルクンマスクが率いるこの団体は、沖縄文化を背景にした独自のキャラクターや、地元沖縄出身のレスラーたちによって、独特の世界を築き上げてきました。

4月28日の11周年記念大会は、ただのプロレスイベントではありません。それは、選手たちの情熱と夢、そしてプロレスを愛するすべての人々への感謝の気持ちが交錯する、一大祭典です。この機会を逃す手はありません。琉球ドラゴンプロレスリングの魂を体感し、共に熱狂の渦に飛び込みましょう!

記事参照元:琉球ドラゴンプロレスリング公式ツイッター公式ウェブサイト

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント