X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【鳥取だらずプロレス】衝撃のバッドエンド!山口謙吾と矢野俊治がタッグ王座を防衛するも、試合後スターチェイサーが襲撃し、Gが電撃加入!

鳥取だらずプロレス

春分の日、美しい倉吉パープルタウンパータン広場が熱気に包まれました。鳥取だらずプロレスが、その舞台を彩り、プロレスファンに忘れがたい一日を提供しました。しかし、この日の大会は、ただの試合以上のものを私たちに残しました。それは、遺恨という名のドラマであり、次なる大会への期待を一層高めるものでした。

大会の序盤から熱気は最高潮に。特に注目されたのは、棚ボタ弘至とGのタッグチーム対スターチェイサー(レイファルコンとガイナタイガー)の激突。試合は最後まで予測不能の展開に、観客を緊張の渦に巻き込みました。しかし、Gの予想外の行動により、棚ボタ弘至は孤立無援の状態でガイナタイガーのムーンサルトプレスを受け、敗北を喫しました。この一件は、会場を唖然とさせると同時に、スターチェイサーの勝利を決定づけました。

メインイベントでは、まんが王国とっとりタッグ選手権が行われ、山口謙吾と矢野俊治の王者チームが、セーフティこうきとCOW佐伯のサンダーボルツに挑戦されました。両チームは限界を超えるほどの戦いを繰り広げ、ファンを魅了しました。結局、山口謙吾の巧みなカウンターからのカミゴェでセーフティこうきを下し、王者組がタイトルを守りました。最年長タッグとしてのプライドを示した山口謙吾と矢野俊治。彼らの勝利は、会場を沸かせました。

しかし、試合後の事件が大会の印象を一変させました。レイファルコンとガイナタイガーがセーフティこうきとCOW佐伯を襲撃。そこに現れたGが一時は止めに入るかと見せかけながら、実はセーフティこうきとCOW佐伯を椅子で攻撃し、スターチェイサーへの加入を宣言しました。さらに、4月28日の鳥取産業体育館で開催される13周年記念大会でのまんが王国タッグへの挑戦を表明。この一連の出来事は、ファンに衝撃を与え、次なる大会への期待を高めました。

鳥取だらずプロレスの次回大会は3月31日、YAJINスタジアムで開催されます。今回の大会で生じた熱い遺恨、予測不能な展開が、次なる舞台でどのように結実するのか、見逃せませんね!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント