X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

高島平在住の山本裕次郎が語る、東京・板橋区の聖地・高島平区民館への感謝と愛!

BAP

東京都板橋区に位置する高島平区民館は、プロレスリングBASARAやSECRET BASEなど、多くの団体が大会を開催する、東京都内でも有数のプロレス会場です。この会場で特に注目されているのは、板橋区高島平に住む山本裕次郎が定期的に開催する「BAP(BATTLE ART PRO-WRESTLING)」大会です。山本裕次郎は「高島平を元気にできるような大会を開催し、人と人、人と街がどんどん繋がっていける楽しくて温かい空間を作りたい。プロレスで元気を高島平に発信していきたいので、応援してください」とも語っており、この大会は地域と密接に連携し、毎回大きな盛り上がりを見せています。

多くのプロレス団体とファンから愛されている高島平区民館。ある団体がこの会場でトラブルを起こしたことを機に、山本裕次郎はX(旧Twitter)上で、プロレスの大会会場に対する自身の考えや、高島平区民館との関わりについて語りました。彼の誠実さや、プロレスに対する真剣な姿勢が伝わってきます。

山本裕次郎は、会場に関することだけでなく、信頼の重要性についても語っています。個々の行動がプロレス全体のイメージを損なう可能性があること、プロレスとして会場を利用することに対しては、慎重な意見が存在することも認めています。だからこそ、使用させてもらえる会場への感謝と業界全体への責任感を持つべきだと訴えています。

また、高島平区民館は、山本裕次郎が所属団体に在籍していた時に、大会スタッフと共に選んだ会場です。職員の信頼を得て、多くの関係者の協力を得て、2015年6月に初の大会を開催しました。2019年には、彼がデビュー12年目にして初の自主興行「BAP(BATTLE ART PRO-WRESTLING)」を同会場で開催しました。

彼はプロレスというジャンルで、会場の重要性に加え、もし会場でプロレスが行えなくなった場合、その責任は一団体や個人では負えないと強調しています。だからこそ、会場の使用を許可してくれる人々への感謝の気持ちを忘れてはならないと語っています。

山本裕次郎の公式X(旧Twitter)で、ぜひ彼の言葉を直接ご覧ください。私たちファンも、会場への感謝を忘れずに、大切にしましょう! https://twitter.com/B_A_yujiro

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント