【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【ランズエンド・プロレスリング】大門寺崇、中之上靖文との激闘を制しオールアジア王座防衛!13年の歴史を超えた王者に、海外から新たなる挑戦者が!?

ランズエンド

2016年に設立されたランズエンドプロレスリングは、代表の崔領二氏の熱い思いから生まれ、世界中のプロレスファンに感動と興奮を提供し続けています。この度、後楽園ホールで開催された大日本プロレス大会のセミファイナルにて、当団体が管理するオールアジアヘビー級王座のタイトルマッチが行われました。

第11代王者、大門寺崇選手と挑戦者中之上靖文選手との間には、13年の歳月を超えた深い絆が。かつて教官補佐として大門寺選手と出会った中之上選手に対し、この日の勝利はただのタイトルマッチ以上の意味を持ちました。20分を超える熱戦の末、大門寺選手が得意技ブラックレインで見事勝利を収め、王座を防衛。試合後の両選手のコメントは、プロレスを愛する全ての人々にとって感動的な瞬間となりました。

「諦めなかったからこそ見える景色がある」―大門寺選手の言葉は、これからの人生に立ち向かう勇気を与えます。中之上選手も「諦めない心」を再確認した一戦と語り、これからの挑戦への意欲を新たにしました。

そして、次なる挑戦者選出に向けた動きが既に始まっています。3月19日、福岡・西鉄ホールで開催される「FUKUSHIMANIA」にて、大門寺選手のオールアジアヘビー級王者としての7度目の防衛戦が予定されています。世界各国からの挑戦表明がある中、誰が次の挑戦者となるのか、ファンならずとも目が離せません。

ランズエンドプロレスリングは、これからも夢への挑戦を続ける選手たちの舞台を提供し、世界中のプロレスファンに最高のエンターテイメントを届けていきます。大門寺崇選手の次なる戦い、そしてランズエンドプロレスリングの未来に、ぜひご注目ください。

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント