【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【HUB自主興行・毒人13】3.2大阪・アゼリア大正、注目のメインイベントで運命が再び交錯!HUBとビリーケン・キッドの熱きストーリーは25年を超えて紡がれていく!

毒人

3月2日、大阪府大阪市のアゼリア大正にて、HUBの自主興行である「毒人」の第13回大会が開催されます。この日、メインイベントでは、プロレスリング界の長年のライバルであり、互いに深い尊敬の念を抱く二人、HUBとビリーケン・キッドがシングルマッチで激突します。

この二人のストーリーは約24年前に始まりました。HUBは、ビリーケン・キッドへのリスペクトと彼との歴史について、感動的なメッセージをX(旧Twitter)で共有しています。彼らの関係は、ただの対戦以上のものであり、読む者の目頭と心を熱くさせるものです。

HUBとビリーケン・キッドの対戦は、「毒人」の初興行から始まり、ビリーケン・キッドの20周年興行でもメインイベントを飾りました。互いにお互いの周年の興行で対戦する運命の相手であること、そして25周年の激突に向けたHUBの強い決意と感謝の気持ちは、ただならぬ情熱をもって伝えられています。

今回の興行では、ディック東郷や大阪ライトヘビー級王者の松房龍哉など豪華な参戦選手も注目されていますが、プロレスファンの心をとらえて離さないのは、HUBとビリーケン・キッドの25年に及ぶ関係とそのシングルマッチに他なりません。

ビリーケン・キッドは「大阪エスペランサ」としても知られ、豊富な経歴と圧倒的な実力を誇ります。ファイヤーバード・スプラッシュを得意技とし、大阪プロレス王座をはじめとする数々のタイトルを獲得してきました。彼のキャリアはメキシコでのプロデビューに始まり、日本でのプロレスリングアンサー設立に至るまで、プロレスリング界における重要な役割を果たしてきました。

HUBとビリーケン・キッドのこの日の対戦は、ただの試合ではありません。二人のプロレスリングに対する情熱、歴史、そして未来に向けた約束が、リング上で繰り広げられます。プロレスのフィールドでのみ成し遂げることができる、リスペクトとプライドに満ちた感動的な瞬間を、是非アゼリア大正で目撃してください。プロレスファンならずとも、この歴史的な瞬間は絶対に見逃せません!

是非、3月2日はアゼリア大正へ。HUBとビリーケン・キッドの25年間のキャリアをかけた戦いを、心ゆくまでご堪能ください。プロレスの真髄を、彼らの戦いから感じ取ってください。

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント