【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【鳥取だらずプロレス】2024年第一弾興行は1.27鳥取・米子市観光センターで繰り広げられる!夢がある限り戦い続ける、彼らの戦いを見逃すな!

鳥取だらずプロレス

皆さん、こんにちは!今回は、情熱と興奮に満ちたプロレスの世界から、鳥取だらずプロレス2024年第一弾興行の情報をお届けします!この記事は鳥取だらずプロレスのTwitterを基に作成されています。

1月27日の土曜日、米子市観光センターで行われるこの興行は、ただならぬ熱気に包まれること間違いなし。学生プロレス団体「闘強士火プロレス」出身の歯科医師、古川清暁と橋本康平が設立したこの団体は、地域貢献と鳥取県の認知度向上を目指しています。地元メディアにも多く取り上げられ、地域に根差した活動を展開してきました。

注目の第一試合では、現在だらず級王者のレイファルコンが、棚ボタ弘至と激突。棚ボタ弘至のSUGAMOプロレス代表取締役就任というニュースもあり、彼の戦いに注目が集まっています。そして、レイファルコンはガソリンスタンドでのキッズ用応援マスク販売など、地元での活動も話題を集めています。

第二試合の豪華タッグマッチでは、大塚りん、矢野俊治、山口謙吾のトリオが、昨年のタッグリーグを制したセーフティこうき、COW佐伯、原口知弥と対戦。特に原口知弥は、様々なタイトルの獲得歴を保持しており、彼らの戦いには目が離せません。

そして、メインイベントの山陰統一選手権試合では、第14代王者のガイナタイガーが、白ネギおじさんと対峙します。ガイナタイガーは米子市の公務員としても活躍する覆面レスラーで、彼の「ムーンサルト・プレス」は必見です。

地域に愛され、地域を愛する鳥取だらずプロレス。1月の最後の土曜日、米子市観光センターで、熱い戦いを体感しましょう!GO!だらず!GO!この興奮を見逃すわけにはいきません!皆さんの熱い応援をお待ちしています!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント