【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

プロレスを観て元気に!!プロレス界からの多くの能登半島地震復興支援をご紹介!義援金からチャリティイベントの開催まで多くの支援が広がる!

ランズエンド

日本を揺るがした元日の能登半島地震。この災害に直面した多くの被災者たちに、今、プロレス界が一丸となって支援の手を差し伸べています。義援金からチャリティイベントの開催まで、各団体が独自の方法で被災地とその住民への深い連帯と支援を示しています。この記事では、そんなプロレス界による温かな支援活動の一部を紹介します。

大阪プロレスが100万円の義援金を贈る

2024年1月11日、大阪プロレスが能登半島地震の被災者支援のため100万円の義援金を寄付しました。社長ゼウスは「被災地の方々に何か力になりたいと考えていました。現地で炊き出しを行う案もありましたが、現状では迷惑になる可能性があるため、金銭的支援を選びました」と述べています。

アズールドラゴンがチャリティ大会を開催

ランズエンド・プロレスリングのアズールドラゴンは、2024年1月27日に福岡市のキックボクシングジム・アンカレッジ大橋駅前でチャリティ大会を開催します。アズールドラゴンは「プロレスで戦うこと、そしてファンの皆さんが楽しむことが被災地支援に繋がるなら、これほど素晴らしいことはありません」と話しています。また、「多くの選手やスタッフの協力により、このチャリティイベントを急遽開催できることに感謝しています」とも述べています。

信州プロレス、上越支援マッチを開催

信州プロレスは1月28日に新潟県上越市の食堂ニューミサ駐車場で「能登半島地震 上越支援マッチ」を行います。代表のグレート☆無茶は「長野県を17年間盛り上げてきた私たちのエンターテイメントと美味しい食事で、元気の復活を願っています」とコメントしました。

新潟プロレス、募金活動を開始

新潟プロレスは、1月20日に東区プラザホールで開催される大会の会場に「令和6年能登半島地震被害支援募金箱」を設置すると発表しました。

プロレス界からの支援活動が続々と

これらの活動は、プロレス界の中で広がる支援の一環です。この記事で紹介した以外にも、多くの団体が支援活動を行っています。ぜひチェックして、支援に参加してみてください!

ゼウス社長アズールドラゴン信州プロレス新潟プロレスのX(旧Twitterアカウント)の情報を基に生成しています。

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント