X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

チームでら:名古屋の熱いタッグ戦!12月21日、スポルティーバアリーナで熱戦!

プロレスリング・チームでら

日本のプロレスファンの皆様、名古屋市の心臓部、鶴舞スポルティーバアリーナで、2023年12月21日(木)に繰り広げられる熱き戦いを目撃する準備はできていますか?プロレスリング・チームでらが贈る、年末の大興奮!DEPタッグ王座選手権が待ち受けています。

この大会は、ただの試合ではありません。TAMURA & ビリーケン・キッド組の挑戦者としての熱い思い、そして王者組・高井憲吾&ドラゴーンの防衛戦。どちらも必見の戦いです。王者組はこれが3度目の防衛戦。挑戦者は最近のプロレスリング・ヒートアップでの大会で関係を修復し、新たな力を得ています。

そして、この会場「スポルティーバアリーナ」は、そのユニークな雰囲気のスポーツバーでありながら、プロレスリングリングを常設。これは全国でも珍しいことです。鶴舞駅からわずか徒歩3分というアクセスの良さも魅力の一つです。

王者のドラゴーンは「強敵との戦いですが、必ず防衛します!」と力強く語り、その連携をアピール。一方、挑戦者のビリーケン・キッドは「12月21日、チームでらの年内最終興行でタッグチャンピオンになって、一年を最高の形で締めくくりましょう!」と意気込んでいます。

先日、プロレスリング・ヒートアップの鶴舞スポルティーバアリーナ大会で、高井憲吾、TAMURA、ビリーケン・キッドが3WAY戦を繰り広げたばかり。その熱戦の余韻も冷めやらぬ中、名古屋の年の瀬のタッグ戦線は更なる熱気に包まれています。

「プロレスリング・チームでら」は2009年に設立され、名古屋市を中心に活動しているプロレス団体。月に一度、正統派レスリングからコミカルな試合まで、幅広いプロレスを提供しています。この団体の代表、高井憲吾氏は「子供からお年寄りまで楽しめるのが『チームでら』の特長です。ぜひ見に来てください」と話しています。日本の真ん中からプロレスの力で東海を盛り上げる、そんな彼らの情熱がこの大会にも詰まっています。

この興奮をその目で見届けるために、今すぐチケットを手に入れましょう!12月21日、名古屋で繰り広げられる、この年末の熱戦を見逃すわけにはいきません!

詳細情報元: チームでら公式Twitter

※本記事はチームでらの公式Twitterアカウントの情報を元に作成されました。

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント