X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

【ランズエンド】11.28横浜大会 オールアジアヘビー級王者、大門寺崇が強敵・羆嵐を破り四度目の防衛成功!

ランズエンド

ランズエンド・プロレスリングのファンの皆様、大きな感動と興奮をお届けするニュースがあります!11月28日、横浜ラジアントホールでの大会で、オールアジアヘビー級選手権の激闘が繰り広げられました。この大会の最大の見どころは、絶対王者・大門寺崇と強敵・羆嵐の対決です。

大門寺崇は新しい黒を基調としたコスチュームで登場し、ファンを魅了しました。彼のコスチュームにはランズエンドのロゴもあり、団体への強い決意が感じられます。一方、挑戦者の羆嵐もワイルドなコスチュームで会場を盛り上げました。

試合は、両者の力強い技の応酬で観客を熱狂させました。大門寺崇のジャンピングエルボーやトペスイシーダ、羆嵐のラリアートやアルゼンチンバックブリーカーなど、息をのむ展開が続きます。そして、16分10秒、大門寺崇がブラックレインで羆嵐を制し、見事4度目の防衛に成功しました。

試合後、大門寺崇は「タフな闘いだった。会場の声援に感謝する。羆嵐選手との戦いは光栄だった。このベルトのストーリーはまだ続く!」と力強く語りました。敗れた羆嵐も「大門寺崇は強かった。また這い上がるのみ!」と再戦への意欲を見せました。

ランズエンド・プロレスリングの代表・崔領二も「この2人の戦いは日本最高峰のヘビー級ファイトだった」と絶賛しました。

この記事は、ランズエンド・プロレスリングの公式Twitter(https://twitter.com/landsend_voyage)に基づいて作成されました。ランズエンドは、崔領二代表が2016年3月31日に設立したプロレス団体です。大門寺崇選手のような才能溢れる選手たちが、熱い闘いを展開しています。次なる挑戦者は誰か、目が離せません!

この素晴らしい戦いを目の当たりにし、ランズエンド・プロレスリングの無限の可能性を感じてください。プロレスファンならずとも、この熱い闘魂に魅了されること間違いなしです。次回の大会も期待大です!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント