X(Tiwtter)で元気になるニュースを配信中!見逃す前にフォロー!

鳥取だらずプロレス:がいな祭大会試合結果&次回大会情報!

鳥取だらずプロレス

鳥取だらずプロレスからの熱い戦いの報告が届きました!
2023年8月19日、がいな祭大会の戦いが終わり、感動の渦を巻き起こしました!

  1. だらずタッグリーグ公式戦では、Gと珍獣サンダーライガーとの壮絶な戦いの末、山口謙吾が矢野俊治をサムソンクラッチで制し、10分53秒で勝利を収めました。
  2. レイファルコンとガイナタイガー、このコンビが原口知弥とCOW佐伯を15分35秒、ムーンサルトプレスで打ち破りました!

この結果をもとに、次回大会は8/20北栄砂丘まつりです!皆さん、この日をお忘れなく!期待と興奮が高まる中、熱くなる戦いが繰り広げられること間違いなし!

鳥取だらずプロレスは2012年に古川清暁と橋本康平によって設立されました。鳥取の地で、地域貢献と鳥取県の認知度向上を目指し、情熱的な戦いを繰り広げています。興行の多くは地域のイベントやお祭りでの試合となっており、このたびの「がいな祭大会」もその一つ。心のこもった試合が鳥取の地で展開され、ファンの心を掴んで離しません!

古川清暁代表は「プロレスは命がけの真剣勝負」との考えを持ち、そのパフォーマンスを鳥取の代表として高めています。そして、この地のファンとの繋がりは深く、古川の歯科医院にはプロレスの観客からの患者も訪れるほど!

さらに、団体名の「だらず」は鳥取の方言で「おまえ、ばかだなぁー」という親しみを込めた言葉。これほど地域に密着したプロレス団体は他にはありません。

そして、特筆すべきは、ガイナタイガーこと宇津宮崇。彼の得意技「ムーンサルト・プレス」は息を呑む美しさ!彼の闘志と技の数々は観客を魅了し続けています。

さあ、次回の「北栄砂丘まつり」に向け、心を熱くして待っていてください!この感動を共有するため、鳥取のリングへ、是非お越しください!

この記事は以下のURLから情報を取得して作成されました:
https://twitter.com/tottoridarazupw/

鳥取だらずプロレスをこれからもよろしくお願いします!

※この記事はAIを利用して生成しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。

コメント