【プロレス団体様・プロレスラー様向け】当サイトで大会・イベントを告知しませんか?ぜひ情報提供フォームをご利用ください!

【プロレスリングHEAT-UP】8.20後楽園ホール大会で兼平大介が、あの日と同じ対戦カードで499日ぶりにリング復帰!

HEAT-UP

プロレスリングHEAT-UPは、2024年8月20日に東京の後楽園ホールで大会を開催します。この大会で、兼平大介選手が499日ぶりの復帰戦を迎えます。彼のパートナーは全幅の信頼を寄せる大谷譲二選手で、二人がかつてHEAT-UPユニバーサルタッグ王者だった定アキラ選手と伊東優作選手の強力なタッグと激突します。

このカードは、兼平大介選手が長期欠場に入る前の最後の試合と同じ組み合わせです。2023年4月の新百合ヶ丘大会後、彼は長い間リングを離れていました。この復帰戦は、ファンにとっても感慨深いものになることでしょう。

兼平大介選手は「このカードで復帰するのが筋だ」と語ります。499日間の欠場を経て、再びリングに立つ思いは、きっと強烈なものがあります。一方、大谷譲二選手は「タッグベルトは兼平と挑戦したい。兼平と取らなければ意味がない」と未来に向けて想いを語ります。

対戦する伊東優作選手は「今回の後楽園で500日分のフラストレーションを晴らす」と意気込みを示し、定アキラ選手も「兼平が復帰戦の相手に選んでくれたことを嬉しく思う」とコメントしています。彼らの言葉からは、この試合に対する熱い想いが感じられます。

プロレスリングHEAT-UPは、お客様に熱狂していただけるプロレスを提供することを目指しています。この夏、後楽園ホールで繰り広げられるドラマを体感し、兼平大介選手の新たな章の始まりを目撃しましょう。時計の針が再び動き出す瞬間を、その場で感じることは格別の感動をもたらすでしょう。

この記事はプロレスリングHEAT-UPの公式サイトと公式Twitterを基にしています。詳細はプロレスリングHEAT-UP公式サイト公式Twitterをご覧ください。

当サイトLHN(Local Hero Network)では、日本全国のプロレスに関する心躍るニュースをX(旧Twitter)でも配信しています。気になった方はぜひフォローをお願いします!

※この記事はAIを利用しているため、情報が古い・誤っている場合があります。公式サイトの情報をご確認ください。